Top > 全切開法で二重まぶたを作る

全切開法で二重まぶたを作る


ふたえまぶた素早く・簡単!オペラ アイプチN(ふたえまぶた用メイクアップ) opera eyeputti

 

二重まぶたを永久に維持したいという方には、全切開法がお勧めです。まぶたの脂肪が多いと埋没法やアイプチで二重まぶたを作っても二重まぶたが作りにくく、二重まぶたは消えやすいのですが、二重まぶたを全切開法で作ると二重まぶたの状態を維持し続けます。

二重まぶたを作るための整形外科手術で一般的に知られている全切開法では、まぶたを切開し、余分な脂肪や皮膚を除去して二重まぶたを作ります。全切開法の手術は両目平均30分から1時間、抜糸するまでに5日はかかります。入院する必要はありませんが、5日目に抜糸をするために通院を必要とする病院が殆どです。

二重まぶたを全切開法で作るとまぶたの構造が変わり、埋没法やアイプチのように二重まぶたが消えないことが全切開法のメリットですが、例え自分の理想とする二重まぶたにならなかったとしてもやり直すことが難しい所がデメリットとなります。再手術は出来ますが難易度の高い手術になるので、全開法を行う前に、アイプチで理想の二重まぶたの形を決めてから全切開法で二重まぶたを作るケースが多いようです。

全切開法はまぶたをメスで切開して手術を行うため3ヶ月から6ヶ月は二重まぶたに赤い腫れが残ります。しかし、3ヶ月経てば腫れも治まってくるので心配はいりません。全切開法の手術後は、まぶたがデリケートになるため処方された薬を服用したりまぶたを冷却したりとアフターケアを欠かさないようにしましょう。

 

 アメリカのサプリメント  にんにくサプリメント  不妊対策サプリメント  鉄分のサプリメント
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
埋没法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
マイクロカット法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
全切開法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
アイプチで二重まぶたを作る(2009年8月 3日)