二重まぶたを作る最新の記事

埋没法で二重まぶたを作る


ローヤルアイム リピ あっという間にパッチリフタエ!★P10倍★ローヤルアイムリピ リッチモイ...

 

二重まぶたの美容整形外科手術に、埋没法があります。二重まぶたを作るための整形手術ですが、埋没法により二重まぶたを作る時は、メスでまぶたを切開しません。手術時間も10分から20分の短時間で終わり、二重まぶたの仕上がりが悪ければ再手術が可能です。

埋没法では、医療用の針と糸を使ってまぶたの皮膚と筋肉や軟骨とを糸で固定することにより二重まぶたを作ります。特殊な糸を使用するので、糸が体内に吸収され、まぶたと糸がくっついて取れなくなるトラブルがありません。抜糸をすると作った二重まぶたのラインが消えるため希望の二重まぶたにならなければやり直しをすることが出来ることから、埋没法は初心者向けの手術と言われています。

埋没法には、まぶたの皮膚と筋肉・軟骨を一本の糸だけで留めて二重まぶたを作る手術と複数の糸で留める手術があります。一本の糸だけで留める手術は、複数の糸でする手術に比べて手術のやり直しが簡単でリスクも低いというメリットがありますが、糸が解れて二重まぶたのラインが消えやすいデメリットもあります。まぶたの構造は変わらないので、何箇所で留めて二重まぶたにしてもラインは消えやすいことに変わりありません。

埋没法による二重まぶたの手術は、やり直しが効く手術として人気は高いのですが、手術の針や糸の傷跡は残ります。ただ、二重まぶたにしていれば、二重にした部分で傷跡が隠れてしまうので、傷跡は目立ちません。

二重まぶたを作るについて

二重まぶたを全切開法で作るとまぶたの構造が変わり、埋没法やアイプチのように二重まぶたが消えないことが全切開法のメリットがあります。
カテゴリー
更新履歴
埋没法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
マイクロカット法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
全切開法で二重まぶたを作る(2009年8月 3日)
アイプチで二重まぶたを作る(2009年8月 3日)